トップ / 体の中から毛羽立ちをなくす

食べ物で肌の毛羽立ちを改善する

<体の中から肌荒れに働きかけよう>
毛羽立つ肌荒れの改善策として、体の中から食品でアプローチしていくことも大切です。毛羽立つ肌荒れに一番欲しいのはまず潤いです。水分が足りない肌にはビタミンAが必要です。ビタミンAは肌のターンオーバーを促進しますので、肌荒れした肌から健康的な肌に生まれ変わるお手伝いをしてくれます。肌トラブル自体を起こりづらくもしてくれます。食品では鶏レバー、うなぎ、野菜ではモロヘイヤ、ニンジン、ほうれん草、かぼちゃなどです。

乾燥しているとその乾燥をカバーするために皮脂が過剰に分泌します。皮脂が多く毛穴の開きが気になる時にはビタミンB1、B2です。皮脂が過剰に分泌する原因には、炭水化物の代謝が正常に行われていないことがあります。ビタミンB1はその炭水化物の代謝を助ける栄養素で、ビタミンB2は皮脂の分泌調整を行う栄養素ですので、皮脂コントロールに効果が期待できます。ビタミンB1の食品は豚肉、ピーナッツ、たらこ、玄米などです。ビタミンB2はレバー、納豆、まいたけ、タマゴ、ぶりなどです。

<くすみのない若々しい肌のために>
水分、油分を補って更に健康的な肌に欲しいのは、くすみ知らずの血色の良い肌です。お肌のくすみの原因は鉄分不足です。鉄分は血液中の酸素や栄養素を全身に運びますので、肌に栄養素を届けて中から健康的な肌づくりが目指せます。食品では高野豆腐、ひじき、あさり、小松菜、まぐろの赤身などです。

毛羽立つ肌荒れは、ほっておくと乾燥から小じわや肌のたるみなどが気になるようになり、見た目より老けて見えるようにもなってしまいます。老け顔の改善策としては、老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化物質の豊富な食品を摂ることです。ビタミンA、C、Eは抗酸化作用があり、アンチエイジング効果にも期待ができます。ビタミンCの食品はパプリカ、菜の花、ブロッコリー、ピーマン、果物ではレモン、キウイ、グレープフルーツなど、ビタミンEの食品はアーモンド、ツナ、たらこ、アボカドなどです。

<飲み物でも肌荒れ改善>
食品からだけではなく、肌荒れには飲み物からの水分補給も大切です。肌荒れに効果的な飲み物といえばミネラル、ビタミン豊富なハトムギ茶です。くすみの気になる時には、代謝を上げて血流を良くする効果に期待ができる杜仲茶です。冷たい飲み物は体を冷やして代謝を下げるため肌荒れには良くありません。常温以上の温かい飲み物を飲むことがおすすめです。

Copyright © 肌荒れの原因を徹底解明. All rights reserved.